日本の銀行にお金を置いておいても全く増えるどころか、お金の価値自体が下がるかも!

今は、コロナ禍だったり、少子高齢化だったり、
日本経済は、とても厳しい状況が続いているように感じます。

しかし、視線を世界に向けると状況は違ってきます。

2050年まで世界中の人口は増え続け、
それに伴い、世界のGDPは右肩上がりで増え続ける。
2015年の世界のGDPは74兆ドルでした。
2050年の世界のGDPは250兆ドルと言われています。

それは、73億人の人口が93億人になって、
技術革新や、途上国の経済発展が見込まれているから。

アフリカのサバンナの真ん中でも若者が携帯を使って友人とコミュニケーションが取れる時代です。

世界経済に定額で分散投資すると10年後には2割増しぐらいにはなっている、らしいです。

当然、景気は変動して価値が下がることもあります。

ただ価値が下がった時がチャンスでバーゲンセールをしてるようなもの。
毎月、定額で買い続けることで長い目で見たら右肩上がりの世界経済なので必ず増える。

日本の銀行にお金を置いておいても全く増えるどころかお金の価値自体が下がるリスクさえあります。

バブル以降の株式相場で似たような経験をしました。

自社株を買い続けていたのですが超安値の時期が長くつづきました。
当時は、頭を抱えていましたが、
その時期のおかげで、今になって大きな資産になっています。

守ってもらえない今だから、しっかり勉強したいと思います。

今日の話は、この本からの受け売り。とっても簡単に書かれていて面白かったです!
「33歳で手取り22万円の僕が1億円を貯められた理由」
井上はじめ

良かったら、読んでみてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2020-5-6

    不確実を恐れる人と楽しむ人、この違いは何でしょうか。

    「趣味人の妄想」がこんなにも深く胸を打つワケ https://toyokeizai.net/art…

おすすめ記事

  1. 大学時代には「片岡義男」さんの小説をよく読んだ。 おとなになった気分で凄くおしゃれな感覚を味わ…
  2. 60手前で1億円を貯金して、病気でなくなった方がいて その1億円がキッカケで、家族で相続問題で揉め…
  3. 生活苦融資、リーマンの80倍 コロナ禍で1千億円超、申請殺到 https://this.kiji.…
  4. 今は、コロナ禍だったり、少子高齢化だったり、 日本経済は、とても厳しい状況が続いているように感じま…
  5. 相続の窓口を選ぶ4つの理由 1 全ての手続きを代行 不動産会社や生命保険会社などと…
ページ上部へ戻る